読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
follow us in feedly

たまごっち4u+攻略ブログ。てんどっちとクレーマー【3匹目0歳】

たまごっち

前回の記事

 
結婚相手にねぇねっちを選んだわけではないが、まめっちとピンクの女の子(名前忘れた。)との間にねぇねっちが生まれた。なんなんだこれは・・・・!どうやら親は関係ない模様。
 
f:id:panyannya:20151114140003j:image
f:id:panyannya:20151114140350j:image
豚ではなく、スリムなねぇねっちなのでまだ許せる。しかしわたしが風邪で寝込んでいる間に一度は必ず豚ねぇねになっていた。たまごっちのお世話どころでは無かったのでまったく知らないが、成長の流れとしては
 

 

幼児期
1次成長
大人(ねぇねっち)
2次進化・こせーて期(スリムねぇねっち)
 
となるので、必ず豚ねぇねっちを通過する必要がある。見なくてよかった・・・絶望で風邪がぶり返すところだった。
 
f:id:panyannya:20151114141221j:image
f:id:panyannya:20151114141235j:image
好きなものが4つ揃った。毎日お世話をした記憶はまったくない。チートだろうか。
 
f:id:panyannya:20151114141320j:image
ちなみに、たまとも手帳に登録されているまめっちは、こんな変質者のような写真が記録されてしまった。不意打ちである。
 
 
f:id:panyannya:20151114141828j:image
たまとも手帳にねぇねっちが載ったので、早速おみあいをする。
くちぱっちが可愛いので、結婚相手に選ぼう!
 
f:id:panyannya:20151114141916j:image
 
 
f:id:panyannya:20151114141928j:image
たまのうえんで特別な食べ物が育てられる。育てる、と言うほどでもなく毎日畑を覗きに来れば勝手に植物が成長する仕組みだ。腐ることはない。
f:id:panyannya:20151114141936j:image
f:id:panyannya:20151114141946j:image
きんいろおにぎりが実った。
以前ねぇねっちに食べさせたものだね。
この子が成長したら食べてもらおう。
 
 
 
 
 
 
 
ーーーー2時間後。
 
 
f:id:panyannya:20151114142011j:image
・・・!
 
!!!!!?!!
なんど〜w
 
天丼が生まれた!!!!!!
 
 
f:id:panyannya:20151114142403j:image
なんだこれは。
もうなにがなんだか分からない。
 
はっきり言おう、たまごっち製作者はユーザーをバカにしている!!!
画面つけた瞬間、天丼が動いてる様子を見て放心状態になった。
 
 
f:id:panyannya:20151114142615j:image
ちょっと美味そうに見える。
 
f:id:panyannya:20151114142626j:image
名前はてんどっち。
全てが適当である。小学生が候補したキャラクターなのだろうか。
大人が考案したものだというのならば、間違いなくクレームのお電話を入れる。
 
 
 
たまごっちで遊んでいるものですが、キャラがあまりにもふざけていますのですこしお話がしたいのですが。キャラクリエイター部門の人出してください。って言う。
 
そしたらクリエイター部門の人が出てきて、
対象年齢6歳以上のお子様対象年齢としておりますので、妥当かと思われます。とあっさり返されるのだ。
 
そもそもたまごっち4uのターゲット層は、全盛期時代たまごっちで遊んだわたし達なんですよね?わたしたち私たちはこんなバカみたいなキャラを求めていたと思ってるんですか。天丼が動く姿が見たかったとでも思ってるんですか!!!!!?天丼とかタケノコが動いている姿を見る為にたまごっちが存在しているんですか?!!!!!って言う。
 
今後のアイデアとして取り上げさせて頂きます。貴重な声を誠にありがとうございます。と言ってガチャンと電話を切られるわけだ。
 
 
 
 
これはアレだ。
小学館たまごっちキャラクター募集!とかあったのだろう。
絶対にそうだ。
この天丼は、神奈川県6才ようへいくんのアイデアなのだ。
絶対にそうに違いない。
 
 
 
ネットでたまごっちのブログを見てみても信者ばかり。彼らはどんな姿に成長したとしても、可愛い可愛いと言って たまごっちを したたかに愛している受け身スタイルなのだ。完全にたまごっちに毒されている。洗脳されている。
 
このブログは、
たまごっちにそこまで興味が無く、寧ろ全然興味が無く、たまごっちを育てる面白さが分からない人の目線から見た人が楽しめるようになっている。
 
 
ただ1つだけ誤解しないでいただきたい。
パニャン本人は、間違いなく純粋にたまごっちを愛している人側だ。
 
 
 
 
それでは次回、
 
ねぇねっち、りおなっち、
てんどんっち、にょきにょっちの4匹の擬人化を描いていくよ!!
お楽しみに!!!